社交ダンスとは

社交ダンスとは、Ballroom danceのことで、もともとは男女ペアになって舞踏会などで踊るダンスのことを言います。
社交ダンスの起源は西洋ですが、現在では地球上あらゆるところで、コミュニケーションや健康維持のために、あるいは競技の一種として多くの人に楽しまれています。
社交ダンスは、日本では年配の人やごく一部の限られた人だけに普及している印象が強くありましたが、96年に映画「Shall We ダンス?」が公開され、その後バラエティー番組でも取り上げられたことから注目を浴び、より一般的になりつつあります。
社交ダンスは、見た目より意外とハードなスポーツです。姿勢を正して、リズムに合わせて全身の動きをコントロールすることで、心身の疲労や倦怠も吹き飛んでしまいます。
社交ダンスをマスターして、心身ともに健康に、そして新たなコミュニケーションの幅を広げてみませんか。

社交ダンスの種類

社交ダンスは、スタンダードダンス(モダンダンス)と、ラテンアメリカン(ラテンダンス)に大きく分けることができます。
社交ダンスのうち、スタンダードダンスは、男女が向き合って組んだまま踊るもので、ワルツ、タンゴ、スロー・フォックストロット、クィックステップ、ウィンナー・ワルツの5種類があります。ラテンアメリカンは、組んだり離れたりすることの多い、自由な動きを楽しむダンスで、ルンバ、チャチャチャ、サンバ、バンドブレ、ジャイブの5種類があります。
社交ダンスの競技が行なわれるときはこの10種類で競われますが、これ以外にもパーティダンスとしてブルース、ジルバ、マンボなどがあります。
社交ダンスの種類の名前だけ聞いてもなかなかイメージしにくいかもしれませんが、それぞれに特徴的な音楽があり、たいていの人はダンスよりも音楽のほうがなじみが深いかもしれません。

ダンススクール、ダンス教室、ダンススタジオのいろいろ

ダンスのジャンルがどんどん広がりつつある現在、ダンスのさまざまなジャンルに合わせて、たくさんのダンススクールや教室、スタジオが普及しつつあります。
ダンスのうち、特定のダンスだけを教えているスクールや教室、有名ダンサーや振り付け師が講師や経営をしているダンススタジオもありますが、社交ダンス、日本舞踊、ヒップホップダンスなどを総合的に教えている総合ダンススクールも意外と多くあります。
ダンススクールや教室、スタジオでは、年齢によってクラスを分けたり、趣味なのかプロ指向なのかによってもクラスを分けているところもありますので、それぞれの目的・嗜好に合わせたクラスがあるダンススクールや教室、スタジオを選びましょう。

社交ダンス